建築一式工事の決算変更届をお考えの方へ

  • 決算変更届って、そもそも何なのかわからない
  • 確定申告しているから、決算変更届を提出する必要はないよね・・・
  • 決算変更届の財務諸表は、確定申告書のもので良いよね・・・

建築一式工事を取得された建設業者様の中には、許可行政庁に対する決算変更届の提出をお忘れになっている方がいらっしゃいます。

念願の建築一式工事の許可を取得され、毎日の受注活動や工事施工に注力されているとなかなか許可取得後の手続きまで意識は回らないことと思います。

また、確定申告を毎年おこなっているため、その他に事業・経営情報を提出する必要はないと思っておられる方も多くいらっしゃいます。

決算変更届(事業年度終了報告書)の提出

確かに、確定申告の際に財務諸表が作成されますので、必要なことはやっていると思われてしまうのも仕方ないかもしれません。

ただ、ここで言っている決算変更届とは、確定申告時に作成される書面ではなく、建設業許可上で要求されている各種報告書のことなのです。

従って、書面作成の目的が違っているので、決算変更届で作成すべき財務諸表も確定申告のものとは当然異なってまいります。

そもそも、提出先も税務署ではなく許可行政庁となっています。

また、確定申告書の添付書類にはない工事経歴書等の作成も求められており、建設業者様にとって更にわかりづらい届出となっております。

注)決算変更届の目的

建設業者に毎年1回提出を義務付けられている決算変更届には、建設業者の健康診断としての役割が期待されています。

建設業法上、建設業者を選択する判断材料として、申請書等の閲覧制度が用意されており、決算変更届も広く一般に閲覧されることになっています。

発注者等は、工事経歴書や財務諸表を閲覧することによって、建設業者の実績、技術力、経営状態を判断することができるのです。

従って、建設業者様としても、決算変更届を自社の広告(実績PRの場)であるといった視点も大切になってきます。

建築一式工事の決算変更届の作成

実際に、弊事務所でも建設業者様から次のようなご相談をお受けしております。

  • 『決算変更届って、毎年提出しないといけないのでしょうか』
  • 『決算変更届の財務諸表は、確定申告書の財務諸表をそのまま転記すれば良いのでしょうか』
  • 『手引書を読んだけど、工事経歴書の書き方が難しくてわかりません』

税理士事務所で作成した確定申告書の財務諸表をそのまま転記できるのであれば、日頃、受注活動や工事施工でお忙しい建設業者様でも、さほど手間はかからないかもしれません。

でも、残念ながらそのまま転記するだけではだめなのです。

建設財務諸表について

課税所得の算定を目的とされた財務諸表から建設財務諸表を作成していくのは、建設業独特の勘定科目の知識や、工事原価の考え方の知識を必要としています。

それらの知識を使い、建設業許可上で求められている建設財務諸表を作成しなければなりません。

従って、建設財務諸表の作成にはかなりの時間と労力を要することになります。

特に、兼業のあるケースで工事原価について仕訳されずに確定申告書の財務諸表が作成されている場合や、工事原価の一部について販売費及び一般管理費に計上されている場合には、頭を抱えるケースもあります。

工事経歴書について

また、工事経歴書についても、経営事項審査(経審)を受けるか受けないかによって記載方法が異なっています。

その他にも配置技術者の記載等細かく記載方法が決められており、自社の場合どのように工事経歴書を記載すれば良いのかお悩みになる建設業者様がとても多くいらっしゃいます。

また、建設工事に該当しないものは、そもそも工事経歴書に記載できません。

更に、建築一式工事に含まれるか否かの判断もとても難しいものでございます。

従って、建築一式工事の工事内容を適切に把握した上で、慎重に工事経歴書を作成する必要が出てまいります。

建築一式工事の決算変更届の手続代行サポート

これらのことに注意しながら、建設業者様は、決算終了後4ヶ月以内に、行政庁に対して決算変更届を提出する必要があります。

尚、決算変更届を提出していないとせっかく取得した建設業許可の更新申請を受け付けてもらえないことになります。

建設業者様にとって、毎年の決算変更届は重要かつ頭の痛い届出のひとつとなっているのです。

弊事務所では、建築一式工事の許可業者様に代わり、この大切な決算変更届について、変更内容の確認から、必要書類の収集、届出書の作成、行政庁への提出まで手続全般をサポート・代行いたします。

弊事務所では、毎年の決算変更届でお困りの建築一式工事の建設業者様からのご相談を積極的に承っております。

お気軽にお電話、メールにてお問合せください。

「ホームページを見た」とお伝えください。

貴社へ出張相談、貴社の情報を直接確認、決算変更届を迅速に作成

弊事務所では、初回のご相談を貴社に直接お伺いいたします。

出張相談によって、貴社にある各種資料や貴社情報をその場で確認できるので、決算変更届の作成につき迅速に調査できます。

決算変更届は、提出期限が定められているので、出張相談による迅速な調査はお客様に大変喜ばれております。

  • 貴社の資料や情報を直接確認し、迅速な届出の提出を行います。
  • 建設業専門の行政書士が貴社を訪問し、社長様のお時間を大切にします。
  • 初回相談は無料とし、届出可否が不明な時点では料金は発生しません。

現場からご自宅にご帰宅の移動途中等に、弊事務所にお立ち寄りいただくことも可能です。

その場合は、社長様がお持ちになられた資料のみでの調査となります。

迅速な変更届を行うためにも、出張相談のご活用をお勧めしております。

サービスに含まれる内容

建築一式工事の決算変更届に関する初回相談
変更内容の確認
必要書類の収集
建築一式工事の決算変更届出書作成
行政庁への変更届出

必要総額の目安

建築一式工事の決算変更届のお手続を行政書士にて代行させていただく場合の必要総額の目安となっております(わかりにくい場合には、お電話にて簡易見積いたします)。

行政書士の報酬 45,000円~(税抜)
法定手数料(行政庁へ納付)
その他の実費(証明書取得費用等) 数千円
合計額 45,000円~(税抜)+数千円

建築一式工事の決算変更届を提出するまでの流れ

弊事務所にご依頼頂く場合、許可行政庁に決算変更届を提出するまでの手順は、概ね以下のような流れで進行いたします。

お客さま お電話・メールにて出張相談をご予約ください。
行政書士 貴社(または弊事務所)にて直接、建築一式工事の決算変更届のご相談をいたします。
お客さま 相談内容にご納得の後、業務の正式なお申込み。
行政書士 必要書類の収集を行います。
行政書士 建築一式工事の決算変更届を作成いたします。
お客さま 弊事務所指定の口座へ、前半金をお振込ください。
お客さま 行政書士の作成した届出書等へ押印を頂きます。
行政書士 行政庁へ決算変更届を提出いたします。
お客さま 弊事務所指定の口座へ、後半金+諸費用実費をお振込ください。
お客さま 受付印のある変更届(副本)のお受け取り(行政書士より受領)

相談の際にご準備頂きたいもの

建築一式工事の決算変更届のご相談の際は、以下の関連書類をご準備頂けますと迅速な確認が可能になります。

  • 建設業許可通知書の写
  • 建設業許可申請書の副本や最新の変更届の写
  • 登記事項証明書(コピー可)
  • 建築一式工事に関する注文書や請求書(直近1期分)
  • 決算書(直近3期分)

建築一式工事の決算変更届についてのご案内は以上となります。
ご不明な点や分かりにくい点がございましたら、お気軽にお電話・メールにてお問い合わせください。

貴社への出張相談は、初回無料にて承っております。お電話とメール、ご都合のよい方法でご連絡ください。(ご来所での相談をご希望の方も、予めお電話・メールでご予約ください)

電話でご予約(または電話相談をご希望の方)
メールでご予約(またはメール相談をご希望の方)

メールで出張相談をご予約の際は、場所や希望日時(第2希望まで)の情報を添えてお送りください。

メール相談をご希望の方は、下記フォームよりご質問内容を送信ください。24時間承っておりますが、返信にお時間を頂戴する場合がございます。お急ぎの方は電話相談をご活用ください。

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    電話番号(必須)

    ご希望の連絡先(必須)
    お電話にご連絡メールにご返信どちらでも可

    メッセージ本文

    スマートフォンで見る

    スマホからも同じ情報を閲覧できます。

    ページトップへ戻る