東京都の建設業許可の決算変更届でお困りの方へ

  • 東京都の建設業許可を取得しているが、決算変更届って何なの
  • 確定申告しているので、東京都の許可業者として問題ないよね・・・
  • 東京都に決算変更届を提出していないと、どうなるの・・・

東京都の建設業許可を取得すると、請負代金500万円以上(含、消費税)の建設工事を請け負うことができます。

なお、建築一式工事の場合は請負代金1,500万円以上(含、消費税)となります。

建設業者様の中には、時間と労力を掛けて東京都の建設業許可を取得されたため、許可取得後について、すっかりお忘れになるケースがあります。

東京都の建設業許可の決算変更届

東京都の建設業許可を取得して、東京都の許可業者となった以上、無許可業者とは異なる義務を負うことになります。

代表的な義務として、東京都の許可業者は、事業年度終了毎に東京都に年次報告書の提出を求められます。

この年次報告書は、行政庁によって、決算変更届とか事業年度終了届とか、届出の名前が異なっています。

東京都の年次報告書の場合は、決算変更届と言われています。

決算変更届の性質

東京都の建設業許可の決算変更届、これについて少し注意事項があります。

と言うのも、東京都の場合、年次報告書の名称が決算変更届であるため、建設業者様の中にはこの変更届の性質を誤解されるケースもあるからです。

ある建設業者様は、確定申告の終了後に、会社に何かしらの変更事項があった場合にのみ提出しなければならない特別な変更届と思われていたようです。

実際の東京都の建設業許可の決算変更届は、1事業年度1期分の工事経歴書や建設財務諸表等を東京都に毎年提出する定期的な届出となっています。

なお、建設財務諸表とは、確定申告時の決算書の財務諸表ではなく、建設業法で定めた基準や建設業特有の勘定科目でまとめた財務諸表となっています。

東京都の建設業者様も事業年度が終了すると、税務署に確定申告されます。

東京都の許可業者様の場合、この確定申告を終えた後、その申告情報を踏まえた上で、東京都に事業年度終了の報告書として毎年決算変更届出を提出しなければならないのです。

決算変更届の提出期限

東京都への決算変更届の提出期限は、事業年度終了から4ケ月以内と建設業法に規定されています。

法人として建設業を営まれている場合、事業年度の終了から2~3ヶ月後に税務署に確定申告を行います。

東京都の許可業者様の決算変更届は、その確定申告に使用した決算書の財務諸表等を基に作成します。

従って、決算変更届は、税務署への確定申告に使った時間を除いた、残りの時間を使って作成し、東京都に提出しなければならないのです。

つまり、東京都の許可業者様は、「事業年度の終了から決算変更届の提出期限まで4ヶ月ある」と悠長に構えられません。

決算変更届の期限4ヶ月のうち2~3ヶ月は確定申告のための時間となっており、4ヶ月全てを決算変更の作成の時間に使うことはできません。

東京都の許可業者様は、約1ヶ月程度の時間で、東京都に決算変更届を提出しなければならないのです。

決算変更届が未提出な場合

東京都の建設業許可の決算変更届については、毎年東京都への提出が義務付けられています。

ただ、日頃の建設業の営業や建設現場の施工管理等でお忙しい建設業者様の中には、うっかりと東京都への提出をお忘れになることもあります。

決算変更届が未提出な際のデメリット

東京都への決算変更届の提出を忘れるといろいろなデメリットが生じます。

例えば、東京都に決算変更届を提出していない場合、東京都は、建設業許可の更新申請を受理してくれません。

大急ぎで未提出になっている決算変更届の資料を収集し、一日も早く東京都に決算変更届を提出する必要があります。

その他にも、同様のデメリットがあります。

例えば、大型案件への参画を目論む業種追加は、できるだけ短い期間で申請を完了させたいところです。

その業種追加の際、東京都に決算変更届を何年も未提出であったと判明した場合、先ずは、決算変更届の資料収集を必要とし、業種追加までに余計な手間や日数を掛けることになります。

また、東京都に毎年しっかりと決算変更届を提出している許可業者様であれば、取引先がその経営状況や工事実績を確認することができます。

具体的には、取引先は、東京都に閲覧請求をして、許可業者様の経営状況や工事実績の情報を入手することができます。

ところが、東京都への決算変更届を何年も怠っていると、東京都に閲覧請求しても経営状況や工事実績の確認を取ることができません。

取引先は、許可業者様に対し、経営管理上・コンプライアンス上問題のある会社という評価を下してしまう恐れもあります。

毎年、東京都に決算変更届を提出していれば、それだけで許可業者様はその工事業種を間違いなく行っていたという確認資料になります。

少し面倒と思われる許可業者様もいらっしゃると思いますが、東京都に決算変更届を毎年しっかりと提出して、安心して本業の建設業に打ち込んでいただきたいと思います。

決算変更届に必要な書類一覧

東京都の許可業者様の場合、決算変更届に必要な書類は、概ね以下の通りです。

  • 変更届出書
  • 工事経歴書
  • 直前3年の各事業年度における工事施工金額
  • 財務諸表(貸借対照表・損益計算書・完成工事原価報告書・株主資本等変動計算書・注記表・事業報告書・付属明細書)
  • 事業報告書
  • 使用人数
  • 建設業法施行令3条に規定する使用人の一覧表
  • 定款
  • 健康保険等の加入状況
  • 納税証明書

東京都の建設業許可の決算変更届の作成でお困りの方へ

本記事では、東京都の建設業知事の決算変更届についてご説明してきました。

決算変更届に関し、例えば、未提出となっている場合のデメリットもおわかりいただけたと思います。

日頃、建設業の営業や現場施工の管理でお忙しい建設業者様にとって、確定申告書をにらみながら決算変更届を作成することはとても煩わしいものと言えます。

更に、決算変更届の重要な位置を占めている工事経歴書の作成も、手引書を熟読しながら正確に工事実績を記載していくことは大変手間の掛かることです。

弊事務所は、東京都の建設業許可の決算変更届の代行を積極的に行っています。

東京都の建設業許可の決算変更届の作成でお困りの建設業者様は、お気軽にご相談ください。

行政書士に東京都の建設業許可の決算変更届を依頼

行政書士に東京都の建設業許可の決算変更届の代行を依頼される際の依頼の流れ・料金等についてご説明します。

ご依頼の流れ

東京都の建設業許可の決算変更届の代行をご希望される場合のご依頼の流れとなっています。

お客さま お電話・メールにて出張相談(無料)をご予約ください。
行政書士 貴社(または弊事務所)にて直接、東京都の建設業許可の決算変更届のご相談をいたします。
お客さま 相談内容にご納得の後、業務の正式なお申込み。

料金等

東京都の建設業許可の決算変更届の代行をご希望される場合の行政書士の料金等となっております。

決算変更届 45,000円(除、消費税) +数千円(その他実費)

無料相談のお薦め

弊事務所では初回のご相談を原則的に出張相談でお受けしております。
この初回出張相談は無料となっております。

貴社への出張相談は、初回無料にて承っております。お電話とメール、ご都合のよい方法でご連絡ください。(ご来所での相談をご希望の方も、予めお電話・メールでご予約ください)

電話でご予約(または電話相談をご希望の方)
メールでご予約(またはメール相談をご希望の方)

メールで出張相談をご予約の際は、場所や希望日時(第2希望まで)の情報を添えてお送りください。

メール相談をご希望の方は、下記フォームよりご質問内容を送信ください。24時間承っておりますが、返信にお時間を頂戴する場合がございます。お急ぎの方は電話相談をご活用ください。

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    電話番号(必須)

    ご希望の連絡先(必須)
    お電話にご連絡メールにご返信どちらでも可

    メッセージ本文

    スマートフォンで見る

    スマホからも同じ情報を閲覧できます。

    ページトップへ戻る