非常勤の取締役の経験で経営業務の管理責任者になろう(東京都の場合)

  • 経営業務の管理責任者としての経験って、常勤の取締役での経験だけなの
  • 非常勤取締役の経験が5年以上なら、経営業務の管理責任者になれるの・・・
  • 埼玉県では非常勤の経験は認められないけど、東京都ではどうなの・・・

建設業許可を取得するための要件として、経営業務の管理責任者(経管)を置くという要件があります。

そして、この経営業務の管理責任者になるには、法人の場合には、常勤の役員(取締役)が、許可を取得したい工事業種において、5年以上の建設業の経営経験を持っていることを必要としています。

また、取得したい建設業許可以外の工事業種の経験の場合には、6年以上の建設業の経営経験を必要とします。

非常勤の取締役の経験で経営業務の管理責任者になれるの

では、この5年以上もしくは6年以上の建設業の経営経験は、常勤の役員(取締役)としての経験でないといけないのでしょうか。

もし、過去の建設業の経営経験についても常勤の役員(取締役)としての経験しか認められないならば、経営業務の管理責任者(経管)へのハードルは高くなってしまいます。

反対に、過去の建設業の経営経験については常勤の役員(取締役)であった必要がなく、非常勤の役員(取締役)の経験でも良いとすれば、経営業務の管理責任者(経管)へのハードルは少し低くなります。

これから建設業許可を取得されようとご検討の建設業者様にとっては、経営業務の管理責任者は重要な許可要件のひとつですから、大変気になるところと言えます。

非常勤の取締役の経験で経営業務の管理責任者になろう

過去の建設業の経営経験ついて「常勤の役員(取締役)としての経験でなければならないか、非常勤の役員(取締役)の経験でも良いのか」は、許可行政庁によって異なっています。

つまり、都道府県によってその取り扱いが異なっているのです。

従って、同じ経営業務の管理責任者(経管)候補の方でも、ある都道府県では建設業許可を申請(受けることが)でき、ある都道府県では建設業許可を申請(受けることが)できないことがあります。

そのため、建設業の経営経験について常勤での経験を必要とするか否かを事前に許可行政庁に確認することはとても重要なことになります。

非常勤の取締役で経営業務の管理責任者になろう(東京都の場合)

では、ここから本題に入ります。

東京都の場合には、非常勤の役員(取締役)の経験を使って経営業務の管理責任者(経管)になることができるのでしょうか。

東京都の場合、過去の建設業の経営経験については、常勤であったか非常勤であったかは特に問題にしていません。

つまり、東京都の場合、非常勤の役員(取締役)の経験であっても、過去の建設業の経営経験として認められています。

従って、東京都の場合には、非常勤の役員(取締役)の経験で経営業務の管理責任者(経管)になることができるのです。

※注意

ここで言っている非常勤の役員(取締役)経験は、あくまでも過去の建設業の経営経験についてです。

経営業務の管理責任者(経管)になられる方は、建設業許可の申請時現在において、その建設会社様の常勤の役員(取締役)でなければなりません。

過去の建設業の経営経験と建設業許可の申請時現在の常勤性とを間違わないようにご注意願います。

東京都の建設業許可でお困りの建設業者様を積極サポート

弊事務所では、東京都の建設業許可を取得したいとお悩みの建設業者様を積極的にサポートしております。

日々、建設業の営業や現場施工でお忙しい建設業者様にとって、東京都の建設業許可申請は時間と手間の掛かる煩雑で難しい手続となっています。

弊事務所では、東京都の建設業許可申請において、人的・物的・財産的要件の確認から、必要書類の収集、申請書の作成、東京都への提出代行まで、手続全般を一貫サポートしております。

東京都の建設業許可申請でお困りの建設業者様は、弊事務所までお気軽のご相談ください。

貴社への出張相談は、初回無料にて承っております。お電話とメール、ご都合のよい方法でご連絡ください。(ご来所での相談をご希望の方も、予めお電話・メールでご予約ください)

電話でご予約(または電話相談をご希望の方)
メールでご予約(またはメール相談をご希望の方)

メールで出張相談をご予約の際は、場所や希望日時(第2希望まで)の情報を添えてお送りください。

メール相談をご希望の方は、下記フォームよりご質問内容を送信ください。24時間承っておりますが、返信にお時間を頂戴する場合がございます。お急ぎの方は電話相談をご活用ください。

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    電話番号(必須)

    ご希望の連絡先(必須)
    お電話にご連絡メールにご返信どちらでも可

    メッセージ本文

    スマートフォンで見る

    スマホからも同じ情報を閲覧できます。

    ページトップへ戻る